So-net無料ブログ作成
検索選択

スバルは何処へ [スバル]

B11S
http://www.fhi.co.jp/news/03_01_03/03_02_20.htm

この流れを汲むB9スクランブラー

もしかしたら、今後のスバルはこのクルマにかかっているのかもしれない。
残念なことに、量販車開発は
今年の業績不振による中期経営計画も変更を余儀なくされ、
大変難しい状況だ。

プレミアム路線、デザイン改革、そしてスバルDNAにさらなる磨きをかける。
あれから5年、プレミアム路線は多くの顧客が懐疑的だったように、
メーカーの思惑通りにはいかないようだ。
まず、現場(ディーラー)の意識改革がなかなか進まないのが大きい。

デザイン改革はR2,R1、そしてB9トライベッカと、そろそろ芽が出てくるか、
というときに、軽自動車シェア低迷で難しい状況。
プレオ後継車種がデザイン改革のひとつとなるかで、今後のこの改革を占うと思う。

スバルDNA。これがどうなるか?
トヨタは相変わらず総合商社的であり、
日産はデザインを全面に出してプレミアム路線を辿り、
ホンダは唯一のミニバンメーカーとして成功している。
さて、スバルの目指すところは?

販売台数やシェアを伸ばすことに邁進するのは、私は反対だ。
ニッチであり、安心と安全を提供するメーカーであるべきで、
甘い考えで目標を決めず、ニッチなりの販売台数でも元が取れる体制を築いて、
スバルを信じるひと、スバルに憧れるひと、
そのうえで、クルマ好き、走り好きのためのクルマを造るべきだ。

現在ある「軽量化技術」と航空機メーカーらしい発想の優れた技術に磨きをかけ、
優秀なテストドライバーや開発者たちの思いを、そのままの感覚で具現化すべきだ。
これからの社会に必要な、スバルにしかできない提案が近々あってもいいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。