So-net無料ブログ作成
検索選択

謹賀新年 [スバル]

あけましておめでとうございます。
本年も「アウトバックと旅をしよう」を
よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年はエコカー、エコカーと煩い一年でした。
減税や補助金、新車購入層と自動車産業の上層には、
ありがたい制度だったのではないでしょうか。

エコカーの定義とは?
さらに「エコ」って言葉の意味は?
私にとっては考えさせられる一年でした。

エコは和製英語であって、エコロジー(生態学)とは
違った解釈がなされていますね。
ましてエコノミー(経済)とも違います。

エコカーと言われて想像できうるクルマでもないのに、
エコカー減税、エコカー補助金に適合するという、
なんとも不思議な制度でしたね。

スバルに話しを持っていきますと、
まず、EyeSight(ver.2)の登場。
これまでにない大規模キャンペーンも凄かったです。
2010~2011日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーと
2011年次RJCテクノロジー オブ ザ イヤーを受賞も果たしました。

そして待望の新世代ボクサーエンジン登場。
今後このFB型水平対向ユニットは、直噴、低圧ターボ、
アイドリングストップなど新機構と組み合わせて、
いまのトレンドから出遅れ気味のスペックを備えていくでしょう。

安全性はスバルの真骨頂ということで昨年も結果を出しました。
レガシィがJNCAPグランプリ’09/’10受賞を皮切りに、
恒例となった米国IIHS 2011年安全評価で
最高評価であるTop Safety Pickを唯一全車種獲得と抜かりないです。

完成車メーカーとして初となる
ISO14001認証取得も素晴らしかったです。
まさに安全と環境では右に出るメーカーは
無いといっても過言ではないでしょう。

他社との協業も活発化しました。
ダイハツ・タントエグゼのOEM供給「ルクラ」、
ダイハツ・ミラのOEM供給「プレオ」の登場。
そして100人規模をトヨタ側に派遣して開発されたという
2代目ラクティスのOEM供給「トレジア」の発売と続きました。

現在FT-86と呼ばれるトヨタとの共同開発スポーツカーは、
今年2011年末にも発売したい考えを森社長が先日語っています。

しかし、ここにきて残念な報道もありました。
スバルのEV販売・生産を最大5年凍結するというものです。
富士重側は現時点で否定しているようですが、
トヨタの協力が得られないとなれば、
間違いないのではないでしょうか。

ご存知のようにトヨタは昨年、
EVベンチャー米テスラモーターズと提携。

また、富士重はもともとNECとEV開発を進め、
2002年に共同出資で開発会社を設立。
しかし、2006年にNECとの合弁を解消。
2007年にNECと日産が新たに合弁会社を設立し、
この日産を軸に様々なEVインフラ整備が活発化しています。

日産と三菱の関係も強固になりつつある2010年でした。

現在トヨタはパナソニックと共同で開発を進めており、
富士重は日産NEC連合の電池システムを使って開発、
東京電力と孤高の開発環境のなかにあります。

さらに軽自動車からの撤退もあってベースのスバル・ステラも
いよいよ今年、生産が終了してしまいます。

悲劇の連続でスバルのEV開発は前途多難...
経営者お得意の言葉「選択と集中」から、
EV凍結は避けられないでしょう。

関連記事:2010-07-18 スバルEVは何処へ

新年から寂しい話題で申し訳ありません。
スバルの中国・アメリカでの販売増も大きなニュースでした。
レガシィの北米市場向け開発も、うなずけるものでした。
今年もさらなる躍進となることでしょう。

今年は、個人的にはボクサーディーゼルと直噴に期待です。
EyeSightの搭載車拡大にも期待です。

皆様はいかがでしょう。素晴らしい一年になりますよう、
お祈り申し上げます。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 3

斎藤 ☆

明けましておめでとうございます。
自動車で検索したら、ここにたどり着
きました。
水平対向+ディーゼル なかなか
いい組み合わせ?なのでしょうか。
わかりません。コストに見合う、効果
があるか、難しいですね。
私の私見ではクリーンディーゼル+
モーターで大きなトルクと燃費が得られると
考えてますが、これもコストがかかり
そうです。ディーゼルエンジンは大好き
です。
by 斎藤 ☆ (2011-01-01 19:34) 

斎藤 ☆

追記、大量生産(水平対向ディーゼル)して
実用化してもらいたいです。 ^^
by 斎藤 ☆ (2011-01-01 19:36) 

jack

斎藤 ☆さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

コストもですが、
実際EUで少量ながら販売していますので、
残る問題はより厳しい日本と北米の基準に
どう対応するのか。
そして一番はトランスミッションをどうするのか、
ということですね。

ディーゼルの大トルクに対応できるATを、
現在のスバルは持ち合わせておりませんので...。
MTならイケるのですが。
by jack (2011-01-21 01:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。