So-net無料ブログ作成

緊急提言 [クルマ]

クルマを被告席に座らせないために、これ以上走る凶器にさせないために、子供をクルマ社会の犠牲にしないために、安全運転の啓蒙を行いましょう。

第一条 生活空間では歩行者優先 制限速度40Km/hでも高すぎる道路は地元の警察と掛け合って速度を下げましょう。

第二条 守れない制限速度は守らせる工夫をしましょう。

第三条 交差点は微速前進!加速しないでアクセルは触るくらい。左折巻き込み自転車の飛び出しに要注意

第四条 ヘッドライトの点灯忘れ目立ちます。早期にライトオン。心のスイッチです。


以上、清水和夫氏のSNSにおける御発言を転載させていただきました。

交通教育の徹底、見直し、啓蒙を各方面でおこなっていただきたい。また、交通事故に関する報道を抜本的に見直していただきたい。「事故の原因を調べています」で締めるのはやめてね。『後日、詳細をこの時間(チャンネル)で報告します』でお願いしたい。
個人情報や裁判との兼ね合いもあって難しいのは重々承知しているが、加害者の健康状態、加害車の点検履歴など、私たちが気をつけるべきことが見えてくるはず。
ドライビングポジションはどうであったか、
ハンドルの握り方は適正だったか、
タイヤの摩耗状況はどうであったか、
などなど、実に基本的な部分で欠陥がなかったを報じることで、安全に対する具体的な対策を国民ひとりひとりが取りやすくなるのではないだろうか。

事故を起こす車種についても報じていいと思う。
写真や映像には事故車両が映っている訳だが、記事やコメントにしていいと思う。主観でしかないが、ルーズな運転をさせてしまう車種もあるかもしれない。旧車や希少車の事故が少ないのは確率の問題だけだろうか。

私はクルマが大好きだ。クルマが反社会的になってしまうのは、とても悲しい。
皆さまにおかれましても、安全運転の啓蒙を是非、お願いします。


自動車保険をネットでカンタン契約!書類・捺印不要! /保険代理店NTTイフ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。