So-net無料ブログ作成
検索選択

提言と熱望 [スバル]

【提言】
国際競争力のための自動車税制の抜本改正

1. 自動車税の排気量による税率を撤廃せよ!!
排気量一律の考えをやめ、環境性能による区分け、つまり排ガスやCO2排出量などで税率を決めるべき。

2. 自動車税の排気量0.5リッター刻みを細分化せよ!!
国際市場をみて、きっちり0.5リッター刻みで区分してしまうと、日本市場向けとの違いから開発・生産効率が悪化。日本の税制の縛りのせいで国際競争力を削いでしまう。

 
【熱望】
1.6リッター水平対向エンジン+ターボ

1. ターボのメリットは、捨ててしまう排気エネルギーを再利用する効率の良さ。小排気量でも、一回り大きい排気量のパワーを得られること。世界はダウンサイジングがトレンド

2. スバルの優位性は何と言っても「気持ちのいい走り」。1.6リッターにターボを付けることに、誰も異論は唱えない。


関連記事:
2008-10-14 【熱望】ボクサー1.5直噴ターボ
2010-08-14 サーブもWRC復帰か...国際競争力と税制

2011年7月15日 スバル WRX 次期型、1.6リットルターボでラリー復帰か
(Response.jp)

2010年6月21日 スバル×コスワース、1.6ターボ開発へ??
(RALLY PLUS.NET)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。