So-net無料ブログ作成

バス事故から何を学ぶべきか [クルマ]

京都府亀岡市の無免許少年事故
関越自動車道・群馬県藤岡JCT格安ツアーバス事故

当ブログで度々取り上げさせていただいておりますモータージャーナリスト清水和夫氏が、実際に藤岡ジャンクションの事故現場に入られてブログを執筆されておりますので、ご紹介させていただきます。

バス事故から何を学ぶべきか(頑固一徹カズです!|みんカラブログ)

清水氏は、藤岡JCTのある関越道を管理するNEXCO東日本の懇談会委員を務めておられるということです。

NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)は、ご存知の通り道路公団の民営化で2005年に誕生した特殊会社です。もともと、高速自動車道は建設費用償還後無料化されることが前提でしたが、民営化によってその前提が崩れたと受け取っています。代わりに、より快適で、そして「より安全」にすべく努力していただくというのが、いち国民の率直な見方でありました。

ETC割引やサービスエリアやインターチェンジの拡充なども結構ですが、基本に立ち返って、安全性の向上に邁進していただきたい訳です。そうでなければ、税金を使って、国の管理のもとにやっていただくほうが、かえって良かったという議論になりかねません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

緊急事態 [クルマ]

交通関連の悲惨な事故が後を絶ちません。

関越自動車道・藤岡JCTの事故は、一報が届いたとき、JCT(ジャンクション)の防音壁に問題はなかったのか、という疑問を感じました。道路設計上、あの位置に防音壁があるのは正しいのでしょうか。私は専門家ではありませんが、ハンドル操作を誤れば突き刺さるというのは有り得ないと思ったのです。

旅行会社によれば、運行で国の基準上の問題はないそうです。今後さらに厳しい基準が設けられたり、バス運行会社や旅行会社にも追及があるでしょう。しかし、ハード面での安全性向上を今後きちんと議論すべきだと思いました。

衝突被害軽減ブレーキをトラックに装備することを義務化することが最近、国土交通省から発表されました。これは、新型生産車については、総重量22t超トラックと13t超トラクタに2014年11月から装着を義務付け、同20t超22t以下トラックについてはダンプカーなど特殊な車両が多く開発に時間を要するため2016年11月から適用する、というものです。
国交省、トラックのプリクラ装着を義務化 | レスポンス

道路特定財源について、私個人は一般財源化に反対でした。無駄使いやコスト意識の無さが問題になった訳ですが、道路の整備には大切な意味があるのです。それは「安全と環境」。近年、環境については多くの方がご存知でしょう。排ガス抑制、燃費向上を狙った交通整備です。そして何より大切なのは、より安全性の高い道路を構築していくことが不可避だということです。受益者負担の原則として始まった道路特定財源制度ですが、クルマを所有すること、使用することで負担する、使い道のはっきりした税金だった訳です。
話しが飛躍してしまいましたが、楽しいことは安心のうえに成り立ち、安心のためには、安全な社会が必要なのです。

ハード面について述べましたが、もちろんソフトの面でも、安全意識の向上が急務であることに間違いはありません。チャイルドシート未着用率は依然として高く、後席シートベルト着用も普及しません。
薄暮時・雨天時の早期ライトオン、ウィンカー点灯、ミラー確認、正しいドラポジとハンドル操作、速度管理...キリがありませんが、こんな基本的なことも出来ない人が多すぎると思うのです。

どうか、安全意識をもっと強く持って、事故の無いクルマ生活をお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

悲惨な事故ゼロを目指しましょう [クルマ]

これからゴールデンウイークが始まりますが、行楽地やその道中で事故がないように祈ってます。みなさんの意識を高め、SNSなどで発信することで悲惨な事故ゼロを目指したいと思います。

・子供がクルマにのる機会が増えるので、チャイルドシートや後席ベルトは守りましょう。ミニバンの中で子供を立たせたり、遊ばせたりしないでください。

・普段高速道路を走らない人はタイヤの空気圧をチェックしてください。ついでにタイヤの溝もチェック。4ミリ以下なら合法的にはOKでも、雨でスリップするリスクは増えることをドライバーは理解しましょう。

・もしタイヤがパンクしたら、ハザードをだして時速10Km/hのゆっくり速度でいいですから安全な場所まで移動し、タイヤ交換しましょう。側道で止まるのは絶対に危険です。薬剤を使った緊急タイヤ修理剤もあるといいでしょう。

・渋滞でお子さんがトイレに行きたくなることもあると思いますが、道路脇に止めてトイレすることは命取りです。サービスエリアに入るのに何十分も待たされることもあると思いますので、車内でトイレできる便利なものがキャンプ用品で売ってます。

・トンネル内や雨、夕暮れではヘッドライトを点灯しましょう。ナビが暗くなりますが、設定で明るくできると思います。

・行楽地で混んでいるところでは子供の飛び出しもあるので注意しましょう。

・お子さんに歩行者としてのルールやマナーを分かり易く教えましょう。親の教育不足も目立ってますから。

それでは悲惨な事故ゼロを目指し、子供達が犠牲にならないように大人も意識を高めましょう。


以上、昨日に続きまして清水和夫氏のコメントを転載させていただきました。皆さま、素敵なクルマのある生活をお過ごしください!

Amazon: チャイルドシート・ジュニアシート特集 お買い得です!
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

緊急提言 [クルマ]

クルマを被告席に座らせないために、これ以上走る凶器にさせないために、子供をクルマ社会の犠牲にしないために、安全運転の啓蒙を行いましょう。

第一条 生活空間では歩行者優先 制限速度40Km/hでも高すぎる道路は地元の警察と掛け合って速度を下げましょう。

第二条 守れない制限速度は守らせる工夫をしましょう。

第三条 交差点は微速前進!加速しないでアクセルは触るくらい。左折巻き込み自転車の飛び出しに要注意

第四条 ヘッドライトの点灯忘れ目立ちます。早期にライトオン。心のスイッチです。


以上、清水和夫氏のSNSにおける御発言を転載させていただきました。

交通教育の徹底、見直し、啓蒙を各方面でおこなっていただきたい。また、交通事故に関する報道を抜本的に見直していただきたい。「事故の原因を調べています」で締めるのはやめてね。『後日、詳細をこの時間(チャンネル)で報告します』でお願いしたい。
個人情報や裁判との兼ね合いもあって難しいのは重々承知しているが、加害者の健康状態、加害車の点検履歴など、私たちが気をつけるべきことが見えてくるはず。
ドライビングポジションはどうであったか、
ハンドルの握り方は適正だったか、
タイヤの摩耗状況はどうであったか、
などなど、実に基本的な部分で欠陥がなかったを報じることで、安全に対する具体的な対策を国民ひとりひとりが取りやすくなるのではないだろうか。

事故を起こす車種についても報じていいと思う。
写真や映像には事故車両が映っている訳だが、記事やコメントにしていいと思う。主観でしかないが、ルーズな運転をさせてしまう車種もあるかもしれない。旧車や希少車の事故が少ないのは確率の問題だけだろうか。

私はクルマが大好きだ。クルマが反社会的になってしまうのは、とても悲しい。
皆さまにおかれましても、安全運転の啓蒙を是非、お願いします。


自動車保険をネットでカンタン契約!書類・捺印不要! /保険代理店NTTイフ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ときめくスポーツカー [クルマ]

クルマってなんだろう、と考えたとき、人の外殻となって走る曲がる止まるが思い通りに機能するモノって、当たり前すぎる。その先は何なのだろう。安全?環境?それも今となっては前述と等しいくらい当たり前なのだ。エクステリアとインテリアに関わらずデザインとカラーといった見た目のセンス、それに装備の組み合わせといった使い心地と使い勝手にいくだろう。

私は思う。クルマって「ときめき」なんじゃないかと。

さて、前置きが長くなってしまったが、開催中の第81回ジュネーブモーターショー11において、我がスバルがトヨタと共同開発中のスポーツカーを出展。皆様はどのように思われているでしょう。

【ジュネーブモーターショー11】(Response)
トヨタ FT-86、市販へカウントダウン
トヨタ FT-86 II 詳細画像…進化したコンセプト
スバルの小型FRスポーツ…“人車一体”
スバル ボクサースポーツアーキテクチャ 詳細画像…FRスポーツ

しかし私が注目(ときめく!?)クルマは、アルファロメオが市販を前提に出展したコンパクトMRのコンセプトカー『Alfa Romeo 4C』と、サーブが航空機をモチーフに開発した次世代提案型ハイブリッドスポーツ『Saab PhoeniX』の2台。

アルファロメオの小型スポーツ、2012年市販へ (Response.)
アルファロメオ 4C 詳細画像…小型スポーツの提案 (Response.)
アルファロメオ・4C・コンセプト 画像集 (ホビダス・オート)

サーブ、航空機をイメージしたHVスポーツ (Response.)
サーブ フェニックス 詳細画像…次世代のデザイン (Response.)
サーブ・フェニックス・コンセプト画像集 (ホビダス・オート)
Introducing the Saab PhoeniX Concept (YouTube)

軽量コンパクトという共通点。環境性能も盛り込んでいる。そして何よりトキメくデザイン! 申し訳ないがFT-86にはトキメか無いので残念。あくまで個人の主観だが。

スバル版となる086aはバッジ付け替えだけだろうか。コスト面から違うボディを被せるとは思えないが、淡い期待も寄せてみる。ジュネーブモーターショーのスバル側の出展である「ボクサースポーツアーキテクチャ」もFT-86 IIと基本的に同じボディラインのようで残念。

2003年の東京モーターショーに出展された「B9 スクランブラー」を覚えているだろうか。私はこの雰囲気が好きなんだけどなぁ。
第37回 東京モーターショー出展概要 (富士重工業プレスリリース)
【東京モーターショー2003プレビュー】スバル・B9 SCRAMBLER (webCG)

違うコンセプトだが、同じく2003年発表のヘビースポーツも紹介しておこう。
富士重工業 コンセプトカー「スバル B11S」を発表 (富士重工業プレスリリース)

景気がよかったら、こんなクルマ、あんなクルマも実現できてたのに...。再編と車台・部品共通化でつまらんクルマが増えすぎだ。(リコール大量発生というリスクも)

関連記事:
2008-02-10 22:48 そっくりさん?(2回め)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

サーブもWRC復帰か...国際競争力と税制 [クルマ]

サーブ関連2連続投稿、お許しを。

さて、サーブがBMWからエンジン供給を受ける、
という報道があった。

これは、MINIをベースに開発中とウワサされる、
「Saab 9-2」が2013年からWRCにエントリーする、
ということらしい。
サーブ、WRCへ復帰か?

WRC参戦は「MINI カントリーマン」が2011年から
ということが先に発表されていて、
つまり、プジョー206、306CCが参戦していた頃、
同プラットフォームを使用していた
シトロエン・クサラ、C4も参戦していたように、
同一プラットフォームの異なるブランド参戦
ということになる。

市場環境の厳しさが増すなか、
コンパクトカーの市場拡大戦略、
各国の環境性能に関する規制、また、
コスト等といった問題解決のためにも、
こういった戦略は大事な部分でもある。

ダイムラーとルノーの提携も記憶に新しく、
次期スマートのプラットフフォームで
次期トゥインゴも開発中で2013年市場投入される。
[日産 ルノー ダイムラー提携]
小型車を共同開発、2013年投入
ツェッチェ会長「共同開発コンパクトはEVも」

ここでスバルに話しを持っていこう。

Saab 9-2といえば、以前はインプレッサベースで
矢島工場で作られていた...って、どうでもいいね。

2008年を最後にWRCワークス参戦終了したスバル。
年々高騰するコスト、スーパー2000規定への対応、
FIAへの不信...リーマンショック以外の要因も様々。

現在明らかなのは、今後「MINI」や「SAAB」の復帰で
盛り上がっていくかもしれないというWRCへの期待。
また、フォードもフィエスタRS WRCを
デュバルやマシュー・ウィルソンをテストドライバーに
鋭意開発中。

そして、それらが搭載するエンジンが1.6リッター。
レースの世界でもダウンサイジングがトレンド。

そう、しつこいようだが何度も提言する!
【熱望】ボクサー1.5直噴ターボ

ただ、最近この意見にも変化が生じつつあって、
国際競争力のためにも、1.6リッターという思いもある。

そこで政府に提言!

自動車税の排気量による税率を撤廃せよ!!
あるいは、0.5リッター刻みを細分化せよ!!
ということだ。

前者の撤廃については、排気量一律の考えをやめ、
環境性能による区分け、つまり
排ガスやCO2排出量などで税率を決めるべきだろう。

後者の細分化は、国際市場をみて、
きっちり0.5リッター刻みで区分してしまうと、
日本市場向けとの違いから開発・生産効率が悪化。
日本の税制の縛りのせいで国際競争力を削いでしまう。

エコカー減税や補助金に血税を投入して内需拡大いいだろう。
だが、国際競争力のための自動車税制の抜本的見直しは急務だ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

サーブのクロスオーバー [クルマ]

スバルと同じく航空機メーカーを起源にしていて、
独自の安全思想がユニークなどとして注目していたサーブ。

航空機のサーブとは自動車部門が分離され2000年に
スバルとともにGMグループ入りした。

スバルと共同で魅力的なクルマの開発が進行すると思っていたが、
結局、インプレッサの化粧直し版「9-2X」が実現しただけ。
トライベッカベースのSUVは2005年にトヨタとの業務提携で頓挫。

スウェーデンと言えば北欧インテリアなど、
オシャレなイメージがあって、デザインの面でも注目したい。
しかし今や、ボルボ(乗用車)は中国のブランドに...。
かろうじてサーブブランドのGMによる中国への売却を免れ
オランダ スパイカー・カーズ傘下に。
スパイカー・カーズは一部資産を中国へ売却。
生産は今後もスウェーデン工場の予定で、
開発等すべての機能をスウェーデンに集約していく考えだ。

紆余曲折のサーブは2010年 7月23日に、
総輸入代理に東海を中心にのディーラー網を持つ
VTホールディングス子会社のPCI株式会社が引き継ぐことが発表された。

そして待ちに待ったサーブのアウトバック・コンセプト
「9-3X」が7月30日に発表された!
2009年のジュネーブショーで披露されたモデル。
2010年9月1日に国内発売する。

関連記事:
2009-06-13 アウトバックのライバル 2009年版
2005-10-05 トヨタと資本提携

関連リンク:
新生サーブ始動 今後2年で4モデル発表 (10.07.30) webCG
サーブのクロスオーバー「9-3X」発表 (10.07.30) webCG
Saab社、2013年に12万5000台の生産・販売を目指す Tech-On!(会員登録)
PCI、クロスオーバー車「Saab 9-3X」を発売 Tech-On!(会員登録)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

FT86見てきました [クルマ]

ただし、ガズーによるカスタムモデルです。
しかも、触れることはできず、
ボンネット内も見られませんでした。残念!

FT-86 G Sports Cpncept

FT-89Concept(09等強モーターショー出展)を更に昇華したエボリューションモデル。ターボ装着により、サーキットでの”スライドコントロール”と”ハイパワーな走り”の楽しみを実現。
「東京国際カスタムカーコンテスト2010」カスタムカー・グランプリ受賞
01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
奥に気になる車種が見えます。
本日、我らが辰己氏率いるSTI NBR CHALLENGE完走!クラス4位!!
というニュルつながり...

GAZOO Racing LEXUS LF-A

2009ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車
GAZOO Racing「クルマの味づくり」の一環として2008年に続き、昨年5月ニュルブルクリンク24H耐久レースに参戦した開発車両。そして昨年11月の東京モーターショーでレクサスLFAとして世界限定500台の発売が発表された。
12.jpg
13.jpg
14.jpg
実際にニュルを走ったという傷と汚れに感動
15.jpg
16.jpg
見に行きました催しはトヨタ主催の「ドライブ王国2010」
なかなか面白いイベントだったようです。
ただ、スバリストの私はアウェイでした...。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

5年経てば、なんとやら [クルマ]

なぜか気になった記事が時事通信に掲載された。

---------------------------------以下転載---------------------------------

7年前発売の小型車が好調=減税追い風に復活−三菱自

三菱自動車の主力小型車で、2002年秋の現行モデルの発売以来、
一度も全面改良されていない「コルト」(排気量1300ccなど)が
販売を伸ばしている。
エコカー減税を追い風に台数は5月から前年同月実績を上回り、
10月は2倍超に。このような売れ方は珍しいという。

主力車は発売から年数がたつと新鮮さが薄れ、台数も落ちるため、
通常4〜5年ごとにデザインや装備を全面改良し、
消費者の買い替え需要に対応する。
しかし同社の場合、2000年と04年のリコール(回収・無償修理)問題で
経営危機に陥り、新型が出せないでいる。

月間販売台数は今年1月に800台を割り込んだが、
10月は2158台まで回復した。
同社は電気自動車を今夏発売し、イメージがアップ。
他社の新型の競合車と比べ、
「燃費(最大で1リットル当たり21キロ)が遜色ない」(販売担当者)
ことも後押ししているようだ。

--------------------------------- 以上 ---------------------------------

いまから5年前、三菱自動車はマスコミの標的にされ、
販売台数を大きく減らした。
そう、いわゆる「リコール隠し事件」だ。
正確には欠陥放置と虚偽報告。

2000年にも死亡事故を受けて問題になっていた事件で、
当時、そのイメージ回復に登場したのがコルトだった。

CMのキャッチコピーに「まじめ、まじめ、まじめ。」を使用。
しかし、消費者を裏切るかたちで2004年に
さらなる欠陥放置と虚偽報告が発覚したのだ。

このとき三菱は広告自粛を余儀なくされ、
マスコミはもちろん、消費者(国民)から避難された。
企業ぐるみの隠蔽工作も話題になった。

まさに最悪の事態となった訳だが、
三菱社員の一部マスコミに語った一言、
「消費者なんて過去の不祥事、忘れてくれますから」...
これが5年後のいま、現実のこととなった。

当ブログ関連記事:
2008-07-16 三菱自動車に法人として有罪判決
2008-01-16 三菱自動車元社長に有罪判決
2007-12-14 三菱自動車元幹部に有罪判決
2007-07-20 三菱自動車、変わらぬ体質
2007-01-04 年末年始の交通事故、過去最少
2006-12-13 三菱自動車のリコール隠しは裁けないのか
2006-09-12 やめよう! 飲酒運転キャンペーン開始のお知らせ
2005-04-12 三菱自動車に真の復活はあるのか!?
2005-01-15 あたりまえのこと
2004-12-31 2004年 大晦日
2004-09-29 自動車メーカー
2004-09-25 ドキドキ、ワクワク。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。