So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイハツが軽のEV発売へ [スバル]

ダイハツの伊奈社長が毎日新聞の独占インタビューで数年以内に軽自動車のEVを発売する考えを明らかにしました。

また、親会社のトヨタとEV開発の協議を始めていることを明らかにしました。

先の「謹賀新年」と題しましたエントリーでも述べましたが、いよいよスバルEVの開発凍結が現実味を帯びてきた感があります。

また、ちょうど2年前のエントリーに「森郁夫社長が語る今後の展望」がございまして、このなかで、富士重の森社長は、
...提携先の車体を使うにしても、スバルのEV技術は生き残る。提携先のトヨタやダイハツにEVシステムを提供することも考えられる。...
と、述べておられますが、どうもダイハツはトヨタ・パナソニック連合のシステムで行きそうな予感もします。

関連記事:
2008-12-20 リチウムイオン2次電池【備忘録】
2010-07-18 スバルEVは何処へ

謹賀新年 [スバル]

あけましておめでとうございます。
本年も「アウトバックと旅をしよう」を
よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年はエコカー、エコカーと煩い一年でした。
減税や補助金、新車購入層と自動車産業の上層には、
ありがたい制度だったのではないでしょうか。

エコカーの定義とは?
さらに「エコ」って言葉の意味は?
私にとっては考えさせられる一年でした。

エコは和製英語であって、エコロジー(生態学)とは
違った解釈がなされていますね。
ましてエコノミー(経済)とも違います。

エコカーと言われて想像できうるクルマでもないのに、
エコカー減税、エコカー補助金に適合するという、
なんとも不思議な制度でしたね。

スバルに話しを持っていきますと、
まず、EyeSight(ver.2)の登場。
これまでにない大規模キャンペーンも凄かったです。
2010~2011日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーと
2011年次RJCテクノロジー オブ ザ イヤーを受賞も果たしました。

そして待望の新世代ボクサーエンジン登場。
今後このFB型水平対向ユニットは、直噴、低圧ターボ、
アイドリングストップなど新機構と組み合わせて、
いまのトレンドから出遅れ気味のスペックを備えていくでしょう。

安全性はスバルの真骨頂ということで昨年も結果を出しました。
レガシィがJNCAPグランプリ’09/’10受賞を皮切りに、
恒例となった米国IIHS 2011年安全評価で
最高評価であるTop Safety Pickを唯一全車種獲得と抜かりないです。

完成車メーカーとして初となる
ISO14001認証取得も素晴らしかったです。
まさに安全と環境では右に出るメーカーは
無いといっても過言ではないでしょう。

他社との協業も活発化しました。
ダイハツ・タントエグゼのOEM供給「ルクラ」、
ダイハツ・ミラのOEM供給「プレオ」の登場。
そして100人規模をトヨタ側に派遣して開発されたという
2代目ラクティスのOEM供給「トレジア」の発売と続きました。

現在FT-86と呼ばれるトヨタとの共同開発スポーツカーは、
今年2011年末にも発売したい考えを森社長が先日語っています。

しかし、ここにきて残念な報道もありました。
スバルのEV販売・生産を最大5年凍結するというものです。
富士重側は現時点で否定しているようですが、
トヨタの協力が得られないとなれば、
間違いないのではないでしょうか。

ご存知のようにトヨタは昨年、
EVベンチャー米テスラモーターズと提携。

また、富士重はもともとNECとEV開発を進め、
2002年に共同出資で開発会社を設立。
しかし、2006年にNECとの合弁を解消。
2007年にNECと日産が新たに合弁会社を設立し、
この日産を軸に様々なEVインフラ整備が活発化しています。

日産と三菱の関係も強固になりつつある2010年でした。

現在トヨタはパナソニックと共同で開発を進めており、
富士重は日産NEC連合の電池システムを使って開発、
東京電力と孤高の開発環境のなかにあります。

さらに軽自動車からの撤退もあってベースのスバル・ステラも
いよいよ今年、生産が終了してしまいます。

悲劇の連続でスバルのEV開発は前途多難...
経営者お得意の言葉「選択と集中」から、
EV凍結は避けられないでしょう。

関連記事:2010-07-18 スバルEVは何処へ

新年から寂しい話題で申し訳ありません。
スバルの中国・アメリカでの販売増も大きなニュースでした。
レガシィの北米市場向け開発も、うなずけるものでした。
今年もさらなる躍進となることでしょう。

今年は、個人的にはボクサーディーゼルと直噴に期待です。
EyeSightの搭載車拡大にも期待です。

皆様はいかがでしょう。素晴らしい一年になりますよう、
お祈り申し上げます。

21年ぶりボクサー全面刷新 [スバル]

やっと第3世代SUBARU BOXERエンジン発表。

BR/BMレガシィ登場時やマイナーチェンジのたび、
期待に胸ふくらませた次世代水平対向が、
長らくスバルファンを待たせての発表となった訳だ。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

2010年 7月 8日付けのSUBARU NEWSでも伝えているが、
本日、2010年 9月23日付では多くのリンクを紹介。
詳細を理解することができる、SUBARU NEWSをどうぞ。

話しは変わり、スバルがWRC参戦時、
2000年代のライバルであるシトロエンのエースドライバーにして、
史上最高のラリードライバー、セバスチャン・ローブが、
来季2011年シーズンを最後に引退を表明。

ローブ、2011年シーズンを最後に引退へ

またひとつの時代が終わりを告げるようで寂しい。

全開ヒーロー、ペター・ソルベルグと共に
ポディウムに立つ姿を、今季残りと来季、
もっともっと、沢山観たい。

サーブもWRC復帰か...国際競争力と税制 [クルマ]

サーブ関連2連続投稿、お許しを。

さて、サーブがBMWからエンジン供給を受ける、
という報道があった。

これは、MINIをベースに開発中とウワサされる、
「Saab 9-2」が2013年からWRCにエントリーする、
ということらしい。
サーブ、WRCへ復帰か?

WRC参戦は「MINI カントリーマン」が2011年から
ということが先に発表されていて、
つまり、プジョー206、306CCが参戦していた頃、
プラットフォームを使用していた
シトロエン・クサラ、C4も参戦していたように、
同一プラットフォームの異なるブランド参戦
ということになる。

市場環境の厳しさが増すなか、
コンパクトカーの市場拡大戦略、
各国の環境性能に関する規制、また、
コスト等といった問題解決のためにも、
こういった戦略は大事な部分でもある。

ダイムラーとルノーの提携も記憶に新しく、
次期スマートのプラットフフォームで
次期トゥインゴも開発中で2013年市場投入される。
日産 ルノー ダイムラー提携]
小型車を共同開発、2013年投入
ツェッチェ会長「共同開発コンパクトはEVも」

ここでスバルに話しを持っていこう。

Saab 9-2といえば、以前はインプレッサベースで
矢島工場で作られていた...って、どうでもいいね。

2008年を最後にWRCワークス参戦終了したスバル。
年々高騰するコスト、スーパー2000規定への対応、
FIAへの不信...リーマンショック以外の要因も様々。

現在明らかなのは、今後「MINI」や「SAAB」の復帰で
盛り上がっていくかもしれないというWRCへの期待。
また、フォードもフィエスタRS WRCを
デュバルやマシュー・ウィルソンをテストドライバーに
鋭意開発中。

そして、それらが搭載するエンジンが1.6リッター。
レースの世界でもダウンサイジングがトレンド

そう、しつこいようだが何度も提言する!
【熱望】ボクサー1.5直噴ターボ

ただ、最近この意見にも変化が生じつつあって、
国際競争力のためにも、1.6リッターという思いもある。

そこで政府に提言!

自動車税の排気量による税率を撤廃せよ!!
あるいは、0.5リッター刻みを細分化せよ!!
ということだ。

前者の撤廃については、排気量一律の考えをやめ、
環境性能による区分け、つまり
排ガスやCO2排出量などで税率を決めるべきだろう。

後者の細分化は、国際市場をみて、
きっちり0.5リッター刻みで区分してしまうと、
日本市場向けとの違いから開発・生産効率が悪化。
日本の税制の縛りのせいで国際競争力を削いでしまう。

エコカー減税や補助金に血税を投入して内需拡大いいだろう。
だが、国際競争力のための自動車税制の抜本的見直しは急務だ。

サーブのクロスオーバー [クルマ]

スバルと同じく航空機メーカーを起源にしていて、
独自の安全思想がユニークなどとして注目していたサーブ。

航空機のサーブとは自動車部門が分離され2000年に
スバルとともにGMグループ入りした。

スバルと共同で魅力的なクルマの開発が進行すると思っていたが、
結局、インプレッサの化粧直し版「9-2X」が実現しただけ。
トライベッカベースのSUVは2005年にトヨタとの業務提携で頓挫。

スウェーデンと言えば北欧インテリアなど、
オシャレなイメージがあって、デザインの面でも注目したい。
しかし今や、ボルボ(乗用車)は中国のブランドに...。
かろうじてサーブブランドのGMによる中国への売却を免れ
オランダ スパイカー・カーズ傘下に。
スパイカー・カーズは一部資産を中国へ売却。
生産は今後もスウェーデン工場の予定で、
開発等すべての機能をスウェーデンに集約していく考えだ。

紆余曲折のサーブは2010年 7月23日に、
総輸入代理に東海を中心にのディーラー網を持つ
VTホールディングス子会社のPCI株式会社が引き継ぐことが発表された。

そして待ちに待ったサーブのアウトバック・コンセプト
「9-3X」が7月30日に発表された!
2009年のジュネーブショーで披露されたモデル。
2010年9月1日に国内発売する。

関連記事:
2009-06-13 アウトバックのライバル 2009年版
2005-10-05 トヨタと資本提携

関連リンク:
新生サーブ始動 今後2年で4モデル発表 (10.07.30) webCG
サーブのクロスオーバー「9-3X」発表 (10.07.30) webCG
Saab社、2013年に12万5000台の生産・販売を目指す Tech-On!(会員登録)
PCI、クロスオーバー車「Saab 9-3X」を発売 Tech-On!(会員登録)

スバルEVは何処へ [スバル]

気になるニュースがあったので紹介しておこう。

日産・三菱・京都が電気自動車普及に連携

日産と三菱、堀場製作所(京都市)が「次世代EV京都プロジェクト」協定締結
というもの。リーフやi-MiEVがニュースでよく目にする訳だが、
スバルにも「プラグインステラ」があることは忘れていない。

もうひとつ気になったニュース
トヨタとテスラ、2012年に電気自動車の市販目標

なんだか置き去りになってしまった感は否めないプラグインステラ。
ベースのステラも来年で生産終了ということで、
スバルの電気自動車という気運がどうも雲行きが怪しい。

テスラとステラってのも紛らわしい。

奇しくもGMのシボレー・ボルトも大々的に報道された。

10年前から富士重経営者の口から出る「選択と集中」。
現在はレガシィはじめSIシャシー兄弟と
EyeSightをはじめとする安全技術ということだろうか。

環境技術も大事な訳で、目玉のEVが白紙ということになれば、
内燃機関の高効率化が急務な訳で、
今秋北米市場に投入される新型水平対向エンジンと、
来年実現されるであろう、
日米の排ガス基準に合わせた水平対向ディーゼルに選択と集中ということか。

組み合わせるトランスミッションや触媒関連のコスト問題もある。

気になったニュースを最後に...
日産、世界最高燃費を目指す新エンジン開発

以前から私が唱えているように、
【熱望】ボクサー1.5直噴ターボの早期の開発・製品化を切に願う。

フィアット500やMINIのように、てんとう虫のデザインコンセプトが
現代によみがえり、それがEVで実現できていたなら、
また違う道ができていただろう。

最近のスバルが迷走し始めているように感じたので、
久々に投稿してみた。

関連記事:
2005-05-15 久々にSUBARUを思う
2005-05-28 スバルは何処へ
2005-05-29 スバルは何処へ
2006-11-01 プレミアム路線の失敗

新型アイサイト EyeSight(ver.2)体験試乗 [スバル]

DSC_0118.jpg
地元ディーラーがBR/BMレガシィB型発表を前に、
新型EyeSight搭載レガシィ試乗会を開催。

従来のEyeSightに3つの機能が加わり、
新型(EyeSight(ver.2))には8つの機能がある。

AT誤発進抑制制御
プリクラッシュブレーキ *
プリクラッシュブレーキアシスト *
全車速追従機能付クルーズコントロール
先行者発進のお知らせ
車間距離警報
車線逸脱警報
ふらつき警報
(*印が新機能)

今回は「プリクラッシュブレーキ」と
「全車速追従機能付クルーズコントロール」を試すことができた。

まずはプリクラッシュブレーキ



喚声が恐怖感を物語る。なぜ急ブレーキなのか、
あくまでドライバーによる操作を優先させるため、
警告でも減速しない場合に直前で動作するということらしい。

車速20km/hとはいえ、結構なGがかかる。

ドライバーの操作を優先させるので、
アクセルを離すタイミングによっては、
加速中と判断してプリクラッシュ機能が遅れる場合があるようだ。
あくまで補助機能なのでドライバーの意思優先。
DSC_0139.jpg
DSC_0140.jpg
DSC_0141.jpg

つづいて全車速追従機能付クルーズコントロール

これは便利。高速道路や渋滞で威力を発揮するのはもちろん、
空いた道でも、先行車のペースに惑わされることなく運転に集中できる。

私は度々、空いた一本道でヘタクソな先行車の、
一定の速度で走らない、ペースを乱す走りにイライラさせられる。
全車速追従機能付クルコンがあれば、楽しいドライブもできよう。

ただ、カーブなどで前車が捕捉を外れると、
追従は一旦キャンセルされるので注意が必要。
自分の意志で操作したのち、ステレオカメラ内に再び捕捉されるので、
停止後、リジュームまたはアクセルONで再開できる。
機能開始、SET、RES(レジューム)、キャンセルの操作は、
右手親指だけで簡単にでき、表示もメーター上部に
わかりやすく簡素に表示される。

このスバルの安全性追求は本当に素晴らしいと思った。
また、このイベントを開催し、招待してくださった熊本スバルには感謝。

2010年 5月18日 追記
アイサイトのカメラレンズ部は、フロントガラスとの間に隙間がある。
指紋等、意図的に汚れが付くと恐ろしいほどの修理代がかかる。
まだ、金額は正確には決まっていないらしい。
汚れによってアイサイトの機能が誤作動したり働かなくなる。
注意して欲しいところだ。
また、自然につくホコリ等は問題ないらしい。
いずれにせよ特約店による定期点検は必ず受けることになる。
新型レガシィ&アイサイト(ver.2)体感レポート トラックバックキャンペーン
ニックネーム ジャック

FT86見てきました [クルマ]

ただし、ガズーによるカスタムモデルです。
しかも、触れることはできず、
ボンネット内も見られませんでした。残念!

FT-86 G Sports Cpncept

FT-89Concept(09等強モーターショー出展)を更に昇華したエボリューションモデル。ターボ装着により、サーキットでの”スライドコントロール”と”ハイパワーな走り”の楽しみを実現。
東京国際カスタムカーコンテスト2010」カスタムカー・グランプリ受賞
01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
奥に気になる車種が見えます。
本日、我らが辰己氏率いるSTI NBR CHALLENGE完走!クラス4位!!
というニュルつながり...

GAZOO Racing LEXUS LF-A

2009ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車
GAZOO Racing「クルマの味づくり」の一環として2008年に続き、昨年5月ニュルブルクリンク24H耐久レースに参戦した開発車両。そして昨年11月の東京モーターショーでレクサスLFAとして世界限定500台の発売が発表された。
12.jpg
13.jpg
14.jpg
実際にニュルを走ったという傷と汚れに感動
15.jpg
16.jpg
見に行きました催しはトヨタ主催の「ドライブ王国2010」
なかなか面白いイベントだったようです。
ただ、スバリストの私はアウェイでした...。

祝! レガシィJNCAPグランプリ受賞 [スバル]

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)実施の
2009年度自動車アセスメント(JNCAP)で
最も優れた安全性自動車と評価。
「自動車アセスメントグランプリ’09/’10」を
レガシィが(予定通り!?)受賞した。

これで日本はもちろん、アメリカヨーロッパでも
レガシィの安全性の優位が伝えられている。

一昨年のインプレッサのJNCAPグランプリ、
昨年のフォレスターとエクシーガのJNCAP優秀賞と、
スバルはホントに間然するところがない。

とにかく大きくなりすぎて私の住む城下町では、
取り回しにくいクルマになってしまったレガシィだが、
次世代EyeSightの発表とあわせて、
ちょっと気にかかる候補車になりつつある。

直噴もウワサされているし、
ハイブリッドやディーゼルも近い将来登場するだろうし、
レガシィの進化は本当に楽しみでならない。

関連記事:
2009-11-07 自動車アセス、レガシィが最高評価
2009-08-29 新型レガシィも米保険協会自動車アセスで最高評価
2009-08-28 レガシィ初のユーロNCAP
2008-12-02 米保険団体の自動車アセス、スバル全車 最高評価
2008-11-27 自動車アセス、フォレスターが最高評価
2008-04-22 インプレッサ、JNCAPグランプリ受賞
2008-04-20 米安全評価、フォレスター2009モデルも最高
2007-11-21 米安全評価、インプレッサが小型車で唯一の最高評価
2007-07-04 米保険協会、追突安全評価でSUV2車 最高評価
2007-04-09 米保険機関、追突安全評価でアウトバック最高評価
2006-11-24 米保険業団体の自動車アセスメントでトップ獲得

近況報告 [プライベート]

読者の皆様、大変ご無沙汰しております。

子どもが小さいため、自分の時間がなかなか取れず、
ブログ更新が滞ってしまい、大変申し訳なく思っております。
それでも、SUBARU NEWSだけはほぼ日更新頑張っていますので、
是非、のぞいてください。

昨今の不況の煽りでご多分に洩れず私の家計も直撃し、
何をするにもモチベーションが上がりません。
今年は何とか再起を図りたいものです。

クルマ購入の資金などまったくもってございません。
クルマ好きの私は暇を見つけてディーラーに足を運んでも
「お金ありません」オーラを放っているのか、まったく相手にされず、
悲しい気持ちで帰路につくことしばしば...。

さてさて、最近のクルマといえば、
プリウスのブレーキ問題が話題ですね。

低μ路でのブレーキングは非常に神経を使う場面です。
ABS作動時は違和感があって当然でしょう。
乗り馴れないクルマや買ったクルマなどは、
そういった場面を想定した練習...例えば、
思いっきりブレーキペダルを踏む経験をする必要があると思います。

プリウスは正直、売れ過ぎです。
そういったクルマの購入層は、残念ながらクルマ好きかと言われれば、
なんとも言いがたい。
つまりは、そういうことでしょう。
不具合報告も、販売台数からすれば、かなり低い割合です。
ほとんどの方々は何も不具合とは意識していません。

私のBHランカスターは購入まもなく、
低速時に急にハンドルが重くなる現象がありました。
大通りから減速して左折するとき、何度もヒヤリとさせられました。
それでも、ディーラーでは「慣れの問題です」で片付けられました。
スバルはおおらかなものです。
さすがに11年も乗っていると慣れてしまいましたが...。

マーケット規模がデカ過ぎると、怖いですね。

アメリカではトヨタ車のアクセルペダルの問題もありました。
これは、厳しい状況下にあるアメリカのメーカーが、
「日本車たたき」の材料にしているに過ぎないでしょう。
実際トヨタ車からの乗り換えにキャッシュバックキャンペーンやってます。
米政府もこの問題に首を突っ込んでいました。
政府はGMの大株主ですから。本当に怖いですね。

今後冷静に見守る必要があります。

気になるクルマの問題は他にも沢山あります。
エコカー減税... 高速道路無料化... 新興国市場の台頭...
機会をみつけて書きますので、また見に来てください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。